サービスライン

お客様の様々な経営戦略の実行に合わせ、文書に関するトータルソリューションをご提供します。

serviceline_main

コンテンツマネジメント

文書管理プロジェクトは、様々な課題が複雑に関わりあいながら進んで行くものです。また、専門的な知識や経験も不可欠です。そのため、自社のみで導入する場合は、担当者には大きな負荷となります。そこで、私たちインフォラボがお客様の一員となって、プロジェクトを成功に導きます。

bun_contents_book
×××を機に文書管理方法を整備したい
解決事例はコチラ>>
bun_contents_truck
移転のため書類を○%削減しなくてはいけない
解決事例はコチラ>>
bun_contents_puzzle
分散管理されている文書を集約管理したい
解決事例はコチラ>>

 

 

構築ステップ

 

診断調査、課題の抽出、解決方法の策定、実行の支援という一連の改善プロセスを、お客様と一緒になって取り組み、お客様に成果がでるコンサルティングをご提供いたします。

 

 

bun_contents_nagare

 

 

 

WEBシステム

bun_web_db
報告や分析などの業務につきものの“資料作成“。
関連データの管理や集計、加工などに手間と時間がかかりすぎてはいませんか?
私たちが開発するWEBシステムは、それらの労力を一手に引き受け、お客様がコア業務へ注力できるようサポートします。
これまでの様々な企業向けシステム開発はもちろんのこと、継続的なシステム運用などで培った豊富なノウハウを活かして、ご満足いただけるWEBシステムを提供します。

 

 

bun_web_image_2
業務関連資料、技術者の情報を管理・共有し、プロポーザルにおける技術者選定の効率化を支援するシステムです。

 

 

buddy_l3
また、超高速WEBアプリ開発ツール『Buddy』の開発を現在進めています。

3月22日 サービス開始!

 『Buddy』紹介サイトへ

BPO

導入後にPDCAサイクルをまわして、活動の形骸化防止とさらなる品質向上に向けた運用サービスをご提供いたします。必要に応じて、社員の皆様がコア業務に集中できるよう、管理・運用ルールに従った運用も代行いたします。

bun_bpo_day

 

 

事例1

サービスライン
bun_jirei_sline3

情報を、個人から会社の資産へと転換

ある建設コンサルタント会社は、情報資産のセキュリティを強化するとともに文書を全社共有とし、業務の効率化を実現しました。

 

 

導入企業概要

業種 建設コンサル
対象 1事業部-4部門、約220名
期間 パイロット部門7ヶ月 事業部内展開5ヶ月

 

 

課題と施策

課題 ・情報を共有化し、業務効率を向上させたい
・情報セキュリティを確保したい
・スペースを有効活用して、執務環境を改善したい

施策 ・原本媒体の「電子」保有の促進
・共有化文書の明確化
・ISO書類の管理ルールの設定

 

 

展開ステップ

 

事業部全体に展開することを視野にルール設定を行い、パイロット部門に展開した成功事例を作成。
パイロット部門での実施内容を評価後、他部門へと展開。

bun_jirei1_tenkai

 

 

 


bun_jirei1_beaf_re

 

事例2
サービスライン
bun_jirei_sline_folder

文書管理ルールを一から構築し、書類量を半減させる

ある海運会社は、オフィスリニューアル時の「新ワークスタイル・オフィス改革プロジェクト」の一環として、文書管理ルールを策定し、約5割の資料削減に成功しました。

 

 

導入企業概要

業種 海運会社
対象 全社-約40部門、約800名
期間 1年4ヶ月

 

課題と施策

課題 ・オフィスリニューアルを機に、文書の管理方法を整備したい
・オフィス内文書を大幅に削減したい
・リニューアル後も文書を定量化させたい
施策 ・文書管理の基本ルールの策定(基本文書ガイドライン)
・文書を特定して、部門細則の設定(文書管理基準表)
・ファイル方法、表示方法の標準化(ファイリングマニュアル)

実施内容

 

■ 基本ルールの設定

 文書管理ガイドラインの設定

 文書管理における全社レベルの管理基準を設定
  ・文書管理上、守るべき基本ルール
  ・情報セキュリティのレベルと対策基準
  ・標準ツールと利用方法         等

 ツールの整備

 文書管理を行う上で必要なツール類(ファイル用品)の準備

 

■ 部門ルールの設定および実施


 文書管理基準表の作成

 基本ルールに準じて、各部で保有する文書種類ごとの取扱いルール(保有媒体、保有期間、機密度等)を設定し、文書管理基準表に起票。

 ファイリング方法の改善

 個別フォルダー、ファイルボックスを標準ファイル用品として指定し、既存のバインダー形式から切り替え。

 

 

bun_jirei2_jissi

 

 

bun_jirei2_beaf

事例3

サービスラインbun_jirei_sline3

書類の重複管理をなくし、管理・活用効率を高める

ある人材派遣会社は、業務プロセスを見直し、重要な情報資産の保護と業務の効率化を実現しました。

 

 

導入企業概要

業種 人材派遣会社
対象 全社-約1,500名
期間 4ヶ月

 

課題と施策

課題 ・契約書管理業務を効率化したい
・契約書原本を確実に管理したい
・情報セキュリティを確保したい

施策 ・文書管理の基本ルールの策定
・集中管理センター・を設置し、契約書集約フローの構築
・電子化・DB登録による情報の共有化
  (紙原本はセキュリティ強固な外部倉庫へ保存)

bun_jirei3_bcp

bun_jirei3_beaf

お問合せ

 

文書管理の課題のヒアリング~ご提案までは、無料で行っております。
お気軽にお問い合わせください。

 





お問い合わせ内容

お名前

フリガナ

会社名

部署・役職名

メールアドレス